Translate

サイト内検索

2016/12/07

木質ペレットの燃焼試験





Pellet Rocket Stove(コンロ型)のアダプターを暖房用ストーブで実験をして見ました。
このアダプターは木質ペレットが少しづつ燃えるようにペレットの出口(燃え口)に工夫をしています。

目的は木質ペレットが最後まで燃焼できるかどうかの実験でしたが最後まで燃焼できたので成功でした。

コンロ型ロケットストーブの課題はもう少し火力を上げる事ですが木質ペレットはもともと綺麗に燃焼させるのが難しいためヒートライザー(垂直に炎が上がる部分)を長くして上昇気流を強くして空気の引きを良くする事で燃料を燃やす速度を上げるのが現実的な方法だと思います。

木質ペレット
それ以外の方法は物理的方法です。全体サイズを大きくする事です。
材料の兼ね合いが付いたら大きなサイズでも実験して見たいですが、実は暖房用では大きなアダプターで成功しています。

コンロ型の大きなサイズは一斗缶を使って作って見ようかと思っているんです。
最近ネットで多く見るタイプで災害時に活躍でき、簡単に作れるとなっています。
作りやすいサイズと手に入りやすい材料が理由のようですが、確かに安定性とか理に叶っているようです。